基本情報処理技術者試験に70%の人が受からない本当の理由とは?


こんにちわ。

四門です。

タイトルにもあるように、70%の人が基本情報処理技術者試験に合格できていないそうです。

なぜ合格できないのか?

パソコンが得意じゃないから?

問題が難し過ぎるから??

いいえ、全っ然違います。

合格できない本当の理由は

やり方を知らないから

なのです。

何を知らないかと言いますと・・・

合格するのに必要な正しい作業の仕方

を知らないんです。

それだけです。

それだけなんですけど、周りに教えてくれる人がいない場合には自分で気づくのは難しということなのでしょう。

やり方が分からないまま、試験に突入する方や、ヤメてしまう人がほとんどなのです。

合格に必要な正しいやり方とは?

ネット上には私と同様なブログがあり、塾に通うように勧めている方々がいます。

塾を否定はしませんが、基本情報処理技術者試験に塾通いは必要ないです。

私には完全に不安を煽って塾に行かせて儲けようとしてるとしか思えません。

基本情報処理技術者試験はIT系の資格でいえば、ITパスポートについで2ランク目の資格です。

塾に行くくらいやる気があるなら、このブログに書いてあることをまずひたすらにやって下さい。

そのあと上位の資格を取るときに、塾に行くことを検討しましょう。

2017年4月からは『情報処理安全確保支援士』という新しい資格も登場します。

残念ながら日本企業のセキュリティ対策はお粗末です。

パソコンに疎い業種ともなれば最早セキュリティのセの字も見当たらない企業もあると思います。

このような資格がでて、セキュリティを少しずつでも認知する機会になればいいですね。

将来はこういった資格も目指しましょう!!

塾通いは必要ない

基本情報取得に塾通いをしている場合ではありません。

そんなことをしていては、お金がいくらあっても足りません。

ただ、同じ教科書を手に入れても受かる人と、受からない人はいます。

同じ塾に入っても受かる人と受からない人もいます。

受かる人と受からない人の違いとは?

受かる人と受からない人の違いは、素直に言われたことをひたすらに作業を実践することができるかどうかだと思っています。

受からない人は塾に行ったとて、学んだ気になっているだけで受かるための作業をその後してません。

自分にとって必要だと思える部分だけを見て十分理解したと思ってしまうのです。

折角お金をかけて塾に通っても、復習したり、しっかりと学ばなければ自分の身になっていかないです。

ただの浪費になってしまいます。

合格した人間のやり方は正しいのです。

それが複数人いれば尚のことです。

それを素直に実践すれば必ず合格できます。

このブログに書いていますが、私と私の友人、私の後輩が同じ方法で合格しています。

その方法を真似て是非30%の人間になって下さい。

そのやり方はまずこちらから↓

 

以上!

ワーワー言うとります

お時間です。

さようなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA