【泣ける絵本】子供に読む絵本で親が感動して泣いてしまった事例

スポンサードリンク

こんにちわ。四門です。

30代にもなると涙腺が緩んでくるのか、子供に読んであげるつもりで買った絵本で自分が号泣してしまいました。

最近はアメリカのテレビドラマや、映画を見る日々が続いていますが、映像を見ながら感動することは多いです。

でも、絵本というあれだけ少ない文字数とページ数で大人2人を泣かせるとは、

絵本あなどれんっ!

と思ったので、自分が読んでよかった絵本を皆さんにシェアしてみたいと思います。

うちの旦那が泣いてるとこ見たことないのよ~という奥様

こちらの絵本を使って1度実験してみてはどうでしょうかwww

私が、途中から泣けてきて読みにくかった絵本はコチラ

こちらの本。もちろん評価が高いのですが、絵本だと思ってなめてたら、

後半悲しくて普通には読めないかもしれません。

心して朗読くださいw

是非読んでもらいたいので内容は伏せますが、恐竜が死ぬとかではないです。

子供への愛といったらいいのでしょうか。愛が詰まったお話です。

絵本で泣くなんて今までにない経験だった訳ですが、自分も親になったからこんな風に感じているのかも? 是非2~4歳の子供をお持ちのかたは一度読んで欲しいと思います。

そこら辺の少年漫画なんかより、よっぽど感動できますよ。

反対に笑わせてもらった絵本はコチラ

 

絵本で泣くとは思ってなかったですが、反対に笑うとも思っていませんでした。

いつもはただ単に子供へ読んであげているだけというスタンスなので。

実際には義理の兄から送ってもらったので自分で買った本ではないのですが、この私が絵本で笑う日がこようとは、、、

絵本を子供が読むものとなめていてはいけないですね。

こちらもネット上の口コミ評価が高いのですが、実際に読んでみてくすくす笑いがこみあげてきました。

笑いたい人におすすめ!!

昔からある絵本ではない

今の絵本は、昔からある桃太郎などとは全然ジャンルが違うものと思った方がいいです。

映画やドラマ、小説等ではいろいろな背景や説明が必要ですが、

あれだけ小規模のもので読み手を泣かせたり、笑わせたりできるのは最早1つの技術だなと思いました。

私も2児の親なのでいくつか絵本は読みましたが、この2冊は特にお勧めな本です!

育児ストレスで疲れている奥様へのプレゼントとしてもいいかも

この2つの絵本は、いつも頑張ってくれている奥様へのプレゼントとしてもいいかも知れません。

子供と一緒に、夫婦で一緒に、みんな一緒に

泣いたり笑ったりできるお手軽なアイテムと考えると、コスパもいいかもw

テレビ番組や映画となると、構えてみないといけませんし、何より視聴に時間がかかります。

絵本で家族仲が深まるならこれほどいいことはありません。

 

ちなみ絵本とは話が変わりますが、無料でできる夫婦円満の秘訣について書いたブログ記事もあります。ご興味あらば、、、

 

終わりに

今回は本当にお勧めできる絵本として、2冊紹介しましたが今後良い本が見つかったら追記していきたいと思います。

 

以上!

ワーワー言うとります。

お時間です。

さようなら。