基本情報処理技術者試験は独学で取得可能か?


こんにちわ。

四門です。

 

タイトルの答えズバリを言います。

可能です!

ネットなどで調べた結果、基本情報処理技術者試験を塾などに通って取得を考えている方もおられるみたいですが、塾の費用はもったいないです。

正直受かるだけでいいなら、その塾代私に下さい!って感じです。(笑)

塾の費用?

某資格系のサイトを見ますと、初学者にむけた受講料は、、、、

¥93,000~

だそうです!からって、いったい何ぼほどすんねん!(笑)

これはかかりすぎですね~

基本的に私の方法論でいきますと、テキスト代だけで合格することが可能です。

皆さんが買うテキストによりますが、数千円ですみますよ。

塾に行く必要はない!

そもそもこの資格を取得するのにお金をかけて塾に通う方はどのような方がいるのでしょうか?

合格率30%なので難しいと考えて、塾を検討しているのでしょうか?

70%の人が受からないことについて、こんな記事も書いています。

 

しかし塾にいくなんて、皆さんお金があって羨ましい限りです。。

確かに基本情報処理技術者試験の出題範囲は広めです。

ですが、勉強法さえしっかりしていれば一週間でも取得可能な資格です。

塾に沢山の費用を払ってでも取得したい!というやる気のある方は、是非更に上の資格にその費用と時間を使って下さい。

では独学で取得するには?

このブログにも書いてありますが、取得するには方法があります。

試験は午前と午後に分かれています。

簡単にいうと、

午前はひたすら過去問をとけ!

午後はアセンブラを選べ!

です。

午後でC言語やJAVA言語を選ぶ人が意外にいて、午後の点数が足らなくて落ちているという話もききます。

プログラマーならいざ知らず、そこまでの知識がないのにプログラム言語を選んだら、それは落ちるに決まってます。

これらの言語を少しでも理解しようとすると、勉強の時間が圧倒的に足りません。

プログラム言語を本気で学びたいならば、塾通いもありかもしれませんが、とりあえず取得優先を考えているなら独学で十分です。

是非アセンブラを選んで下さい。

午前の勉強法、午後の勉強法はそれぞれ記事を書いていますので、そちらが参考になればと思います。

 

午前の勉強法はこちら

午後の勉強法はこちら

 

以上!

ワーワー言うとります。

お時間です。

さようなら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA